子供の肥満予防、肥満解消、情緒の安定など子供の心と体の健全な発育は食から始まります。子供の食は親が守ります!
当ブログ推薦の食育講座はこちら

2007年09月25日

子供の肥満はどうしていけないのか?

Q.率直に聞きます。子供の肥満はどうしていけないんですか。

A.子供の肥満はそれ自体病気ではありませんが、成長するにつれ肉体的、そして精神的にもいろいろな問題が生じてきます。

・生活習慣病予備軍になる
高血圧、脂肪肝、高脂血症、糖尿病など、肥満であることが大人になるとそのまま危険因子になります。さらに肥満を放置しておくと、若い年齢でメタボリックシンドロームになる可能性が非常に高くなります。

・肥満によって運動能力が低下する
肥満であることにより、筋肉や骨に過剰な負担をかけてしまいます。また、体を動かす遊びなどで他の子供についていけないなどの問題も生じます。運動しないとさらに肥満を助長する原因にもなってしまいます。

・肥満のまま大人になる確率が非常に高まる
子供のころの肥満を放っておくと、約60〜80%は大人になっても肥満のままだと言われています。さらに肥満を解消せずそのまま大人になると、上記にも記述したとおり生活習慣病にかかりやすくなります。

・精神的な影響
太っていることが原因でいじめられたり、逆に本人が肥満であることを気にして(特に思春期に要注意)反動で拒食症になってしまう可能性もあります。

ざっと考えられるだけでもこれだけの影響が考えられます。
とにかく子供の肥満は、子供の将来にとってよいことは一つもありません。肥満は子供のうちに解消してあげることが親の使命でもあると思ってください。
posted by doki at 23:28| 子供の肥満Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

子供が牛乳をたくさん飲むのですが...

Q.子供は牛乳が大好きで1日に1000cc以上飲みます。水変わりに牛乳を飲むような感じなんですが、牛乳の飲みすぎは大丈夫なんでしょうか。子供は肥満の傾向はありません。

A.子供の肥満で気をつけなければ行けないのは、牛乳。清涼飲料水に比べて、栄養があり甘くもないので、親も、子供の欲しがるままに与えがちです。しかし、牛乳の多飲で鉄欠乏性貧血や肥満の原因となることがあるので注意が必要です。
牛乳には鉄分が少ないので、牛乳ばかり飲んで、食事のバランスが悪くなると、貧血になりやすくなるのです。また、コレステロールが多くなるのも問題があります。
牛乳は1日200〜250ccまでにするのがよいでしょう。

子供によっては、牛乳の飲みすぎで肥満の心配もありますが、逆に牛乳の飲みすぎでおなかががぼがぼになり、食事が入らないという可能性もあります。そのような場合は、牛乳の量を減らして、少しずつ食事の量を増やし、バランスのよい食事を心がけるようにしてください。
posted by doki at 20:33| 子供の肥満Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

おやつについて

Q.子供が少し肥満気味でちょっと心配しています。お弁当は普通サイズなのですが、おやつが大好きな子で、特に甘いものをよく食べています。満腹感が得られて、太らないおやつってありますか?

A.ポテトチップスだと100gで550kcalあります。でも、おせんべいだったら、1枚20gとしても80kcal。みかんは、大きさが中くらいのもので約30kcal、りんごは中くらいのもので1個85kcalです。

ポテトチップス1袋よりも、おせんべい2枚とみかんというふうに、カロリーの低いものを何種類か組み合わせて与えてあげれば、量も増え、子供も満足感も得ることができるでしょう。

果物は繊維も多く、おやつにはうってつけです。果物を上手におやつに取り入れてみてください。

(参考)カロリー量
・みかん(中100g)30kcal
・キウイ(100g)50kcal
・チョコレート(70g)395kcal
・ビスケット(100g)493kcal
・すいか(300g)60kcal
・もも(中150g)50kcal
・コーンスナック(100g)518kcal
posted by doki at 21:06| 子供の肥満Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

幼児期の肥満解消は食事制限!?

Q.A君は食欲旺盛で、好き嫌いががなく見ていても気持ちのいいくらいの食べっぷりです。しかし、このごろ少し太り気味に。食べることが一番大好きな子だけに、食事制限はかわいそうです。なにかよい肥満解消法がありますか?

A.体重を減らすのではなく、現状の体重を維持しましょう。

幼児の場合は、体重を減らすのではなく、維持するように努力するだけで十分です。これからどんどん身長は伸びていきますから、体重が同じなら肥満度はどんどん下がっていきます。

ただ、体重が増え続けるようでしたら、まずは家庭での食事の見直しをしてください。動物性脂肪を減らして、野菜類を多く摂るようにしましょう。カロリーを控えめにすれば、満足感の得られる量を食べることができます。その際、味付けは薄めにしてください。味が濃いとどうしても食べ過ぎてしまいます。

そして、テレビを見たり、テレビゲームをするだけでなく、できるだけ体を動かす遊びをすることも大事です。

☆肥満を予防するための幼児の食事
・いろいろな食品をバランスよく
・味は薄め
・甘いものは控えめに
・カルシウムを十分に
・食物繊維の多い食品を十分に
・かみごたえのあるものも。たくさん噛むと満腹中枢が刺激されて、満腹感が得られます。
・偏食しない
・味付けをおいしく
・間食の時間をしっかり決める
・食卓には空腹で向かう
・食卓を楽しく
・大皿から取り分けるのではなく、1人分を盛り付ける
posted by doki at 23:15| 子供の肥満Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

小学校低学年の女の子がちょっと肥満気味なんですが...

Q.学校低学年の娘が少し肥満気味です。運動はよくしますが、他の同級生の子供と比べると食べる量が多いです。肥満を解消するよい方法はありませんか?

A.ちゃんとバランスのよい食事をしているならば、量を減らすことは後回し(最後の手段)に考えたほうがよいでしょう。なぜなら小学校低学年は重要な成長期ですので、この頃に食事でダイエットさせることは間違っています。そこで、食事では量は減らさずに、おからを使ったレシピや鶏肉(とくにささみ)を使ったレシピなど量は変わらずカロリーを減らすメニューをお考えになってはいかがでしょうか。また、主食はパンよりご飯のほうが腹もちがよいので、もしパンを主食にしていらっしゃるようでしたら、ごはんを主食にしましょう。

あと、おやつですが、この年代の子におやつ禁止にするのは可愛そうですし、かえってストレスがたまり、肥満の原因にもなりかねません。おやつに甘いもの、特にジュース、菓子類(菓子パンも含む)はなるだけ減らすようにして、よくかむおせんべいなどにしてあげればいかがでしょうか?特に菓子パンは最近ではメロンパン一個で700kcalもあるものもあるので注意したいですね。

それから、お嬢さんということなので、「太っている」ということを口に出すのはやめてください。精神的なショックを受けて、拒食症や過食症の原因になることがあるので要注意です。
そしてなにより、お母様があまり神経質にならないことです。運動はよくされているということなので、食事で量を減らさず、カロリーが低めのレシピを考えてあげて、そしておやつもなるべく甘いものは徐々に控える、またはカロリーの低いものにするようにしてあげればよいのではないでしょうか。成長期で、まだ小学校低学年ということなので長い目で肥満解消に取り組んであげましょう。

posted by doki at 19:34| 子供の肥満Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。