子供の肥満予防、肥満解消、情緒の安定など子供の心と体の健全な発育は食から始まります。子供の食は親が守ります!
当ブログ推薦の食育講座はこちら

2008年05月01日

果物編が登場〜食育講座から〜

職業訓練法人日本技能教育開発センター(JTEX)とNPO法人みんなの食育が監修している食育講座に新たな講座が増えました。

野菜編、魚編、穀物編、畜産物編に加えて、

「くだもの編」が新たに加わりました。




子供の肥満を解消するには、まずは食事です。ただやみくもにカロリーを減らしたりすると栄養の偏りができたり、子供本人に強いストレスを与えることになります。

そこで大切なのは食育です。食べ物のことをまずは知ることからはじめましょう。

それには子供が学ぶ前に大人がしっかり学んでおかなければなりません。それを子供に伝えていくのです。

食育を学ぶことは、家族の健康を守ることにもつながります。食材の選び方から調理の仕方まで、正しい知識を持っていれば、上手くカロリーコントロールができるようになります。無駄なカロリーを削減することもできます。

今回新たに加わったくだもの編は、お子様にとっても身近な食材ではないでしょうか。直接的にダイエットにつなげることは難しくても、子供が好きな果物を上手く利用して、健康的な食生活の実現に貢献できるものと思われます。また女性の方は美容にも果物はよいので自分のためにもなります。

食育講座全般にご興味のある方はこちらからどうぞ。



たくさんの講座修了者の声も聞けます。ぜひあなたもその仲間入りをしてください。

特に子供の肥満にお悩みの方は、食生活の改善が一番です。それから運動です。まずは食事の改善。ぜひおススメしたい講座です。
posted by doki at 17:34| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

子供のために・・・

子供の肥満解消、これまでもこのブログでもいろいろ取り上げてきました。他のブログとほとんど変わらない内容かと思います。

といいますのも、子供の肥満解消と大人のダイエットとは考え方が根本的に違うからです。

大人の場合でしたら、体が完全に出来上がっているので、自分の体調、体質にあったダイエットをすればよいだけの話なのです。

しかし、子供の場合、20歳までは成長期ですから、体が発育過程にあるのです。そんなときに大人と同じようなダイエット食品などを使ってダイエットをさせると子供の成長に悪影響を及ぼしかねません。合成されたダイエット食品からでは子供が必要とする栄養素がすべて取れないからです。

結局は、子供の肥満解消には食事制限と運動しかないのです。運動は肥満の子供さんにはあまり強い運動は膝に負担を与えますのでよくありません。健康的に子供の肥満を解消させるには、食事でコントロールするしかないのです。

ただやみくもに食べる量を減らしたり、間食を減らしたりするのはかわいそうですし、子供に余計なストレスを与えてしまいます。

また、「子供にダイエットしなさい」という言葉をかけるのも厳禁です。とくに思春期の子供さんは、この言葉に傷つき、無理なダイエットをした結果、拒食症や過食症になってしまうことがあるからです。

子供を守るのは親御さんなのです。

子供の肥満解消には、お母さんの作る料理がポイントなんです。

同じ料理でもちょっとした工夫でカロリーを減らせます。

しかし、カロリー計算や材料の知識がないとこれは出来ません。

そこで、子供の肥満に悩んでいるお母さん方にぜひ勉強してもらいたいのが食育なんです。

食育は子供を健やかに成長させます。
食育は子供の精神を安定させます。
食育は子供の肥満解消のヒントをくれます。

そして、食育は家族全員の健康を守るのです。

食に対する正しい知識を身につけて、家族に毎日健康でおいしい食事をたべさせてあげませんか?

子供の肥満解消には食事で対応するしかありません。それもお母さんの隠れた努力で解消してあげるのです。子供のためを思うなら、お母さんが食育をまず学んでください。

私の周りでも食育を学んでいらっしゃる方がいます。子供のためにと思い始められたらしいのですが、今では食に関することを勉強することが楽しくなって素材選びや料理が自分の趣味になったと聞いています。

余談になりましたが、子供の肥満解消を真剣にお考えの方にぜひ下記の講座をおススメしたいです。ご興味のある方はぜひサイトを一読してみてください。


posted by doki at 23:57| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

親のための食育講座




子供の肥満で悩んでいる親御さんにぜひおススメしたいのが上記の食育講座です。前回もご紹介させていただきましたが、たくさんの反響がありました。

子供の肥満を解消する、または予防するためには、食の見直しがまず第一です。どのような本を見ても書いてあることです。でも実践することは意外と難しいものです。そこでこの食育講座なんです。親がまず食育を学び、それを子供に伝えていくのです。

今一度、子供の食事を見直してみませんか?そして、食を通して立派な子供を育てましょう!

食育講座を学ぶならここ

一から始める食育通信講座。

家族の健康は自分が守る。
posted by doki at 21:25| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

子供のための食育

子供が肥満で困っています。という質問をよく聞きます。

このブログでも子供の肥満解消についていろいろ書いてきましたが、結局は、誰に聞いても皆このブログと同じ答えが返ってくると思います。

子供のダイエットは禁物。
野菜をたくさんとらせる。
甘いものをなるべく控える。
有酸素運動を20分以上する。

など。

ただ、対象は子供です。そう簡単には、おやつを制限したり、野菜ばかり食べさせたりすることはできません。また、運動の肥満の場合、ひざに負担がくるのでなかなかそうは簡単にできません。

子供が肥満になる一番の原因は、親の食に対する知識不足です(ごく一部ですが肥満が病的な場合もあります。その場合は小児科などで相談してください)。

あなたは毎日どんなレシピで食事を作っていますか?カロリーについて考えたことがありますか?栄養バランスについて考えたことがありますか?なぜいただきますといわなければならないか子供に説明できますか?

まずは、親が食に対して勉強することが、子供の肥満解消につながると私は信じています。また子供のために食育を勉強することは自分の健康にもつながってくるのです。子供のためにも親も健康で長生きしたいものですものね。

子供のために、親がまず食育を学ぶ。
食育講座にご興味をもたれた方はぜひサイトを一度見てみてください。きっと食育の重要性が理解できると思います。
↓食育サイトはこちら↓

posted by doki at 21:59| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

肥満解消は幼児期のうちに

肥満はできれば、幼児期のうちに改善するのが最も効果的です。乳児肥満は、一人歩きができるようになると運動量が増えてきて肥満が改善されるので、そのまま幼児肥満に移行するわけではありません。問題になってくるのは、3〜4歳児からです。学童肥満、思春期肥満へとそのままつながっていく可能性が出てきます。

幼児ではあまりないのですが、学童期になると肉体的な影響のほかに、いじめなどによる精神的な影響も心配されます。さらに思春期に入ると、やせなくてはいけないという反動から拒食症になることもあるので、対処が難しくなってきます。

肥満は、太り始めてくる幼児期に早期発見して、気をつけてあげることが大事です。

(補足)学童肥満
7歳児の肥満の約40%が、思春期の肥満では70〜80%が成人肥満へと移行しているという、欧米での研究結果がある。
posted by doki at 23:37| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

食育って何?

食育というのは、体と心と食に関する能力を育てることを言います。

食を通して、「元気な体を育てる」「豊かな心を育てる」「食べ物を作ったり選んだり料理したりする能力を育てる」「子供の肥満予防のためのレシピを考える」など、なんらかの目的を持って行う食活動はすべて食育です。

食事は習慣性のものですから、一人ひとりの毎日の食事の繰り返しがその人の嗜好を作っていき、その嗜好が食習慣を作っていきます。

そして、その人の一生を考えると、その繰り返しのスタート地点である幼児期の食生活は、非常に重要な意味をもっているといえるでしょう。

子供の肥満解消、肥満予防には食育は非常に役立ちます。親だけでなく子供と一緒になって正しい食の知識を身につけ、元気で健康な体を作る、豊かな心を育てる、好き嫌いをなくすなどの目的をもって楽しく学び取り組むことが、子供の肥満解消、予防、正しい成長の第一です。

食育にご興味のある方はいますぐこちらをクリック
食育講座を学ぶならここ

一から始める食育通信講座。

家族の健康は自分が守る。
posted by doki at 22:37| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

食育

子供の食事は親が管理します。子供の肥満の原因は親の作る食事にも問題があることも多いものです。例えば、油物が多かったり、食事中にジュースをガブ飲みさせたり。また食べ方にも問題があるかもわかりません。あなたの子供は早食いではありませんか。早食いは肥満のもとです。早食いは、満腹感を得る前に食べ過ぎてしまいます。しっかりよく噛んで食べるようにしなければいけません。

かといって、子供の肥満解消のためのダイエットは禁物です。成長期の子供にダイエットをさせる(ダイエット食品を用いたり、サプリメントを用いたり)ことは厳禁です。

また、成長期の子供にはカルシウムが欠かせません。しかし、リン(リン酸塩、リン酸Naなど)を含んだものを多く食べさせてしまうとせっかく摂ったカルシウムが体に吸収されなくなってしまいます。リンを含むものは魚の練り物や菓子パン類に含まれています。
最近よく切れる子、切れやすい子などが問題になっていますが、カルシウム不足が原因であることがあります。カルシウムを十分取っているつもりでも、リンをたくさん摂取してしまうとせっかく摂ったカルシウムも台無しです。

肥満解消の基本は食事です(もちろん適度な運動も欠かせませんが)。子供の肥満を解消させてあげたいけど、どんな食事を子供に作ってあげればよいかわからない、というお母様方にはまず食育を学んでみてはいかがですか。

子供に野菜をたくさん食べさせたい、けどどんな野菜をどうやって調理していいかわからない。そんな方にもピッタリです。

ご興味のある方はサイトを訪問してみてくださいね。食育に興味をもつだけでも一つの進歩です。子供のためにちょっと勉強してみるのもよいかもしれません。

食育講座を学ぶならここ

一から始める食育通信講座。

家族の健康は自分が守る。
posted by doki at 23:41| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

毎日軽い運動することから始めましょう

肥満のある子供はまずは前回ご紹介した食事にまず気をつけることです。そして、食事に気をつけるほかに、運動も積極的に行って、内臓脂肪を減らすようにしましょう。

運動は、そんなにきびしいメニューをこなす必要はありません。まずは基礎体力をつけさせることがメインになります。

・一日30分間運動する
30分程度の運動を毎日するよう心がけましょう。手軽に行えるものとしてはウォーキングや水泳などが良いでしょう。脂肪が燃え始めるのは20分間連続して運動した後からだといわれていますので、毎日30分を目標にまずはウォーキング(散歩)などから始められると良いと思います。
肥満していると、筋肉の発達が不十分である可能性があります。筋肉はついているだけで、基礎代謝が高められ、エネルギーを消費してくれます。毎日30分の軽い運動に慣れてきたら、筋力強化もメニューに入れてみてください。

・スポーツをする
学校の部活動や地域の運動クラブなどに積極的に参加しましょう。

・家族で野外で楽しむ
休日には家族で外にレジャーを楽しむなど、家族も協力して子供さんと一緒に体を動かしましょう。
posted by doki at 18:52| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

食事のとり方

子供の肥満解消には、まずは食事内容から見直しましょう。

ただし、子供は成長過程にあるため、食事制限をしすぎることはよくありません。朝、昼、夜とバランスの良い食事を心がけ、次のようなことにも注意して、適切な食習慣を身につけさせましょう。

・決まった時間に食事をする
3度の食事をなるべく決まった時間にとるようにしましょう。朝を食べなかったり、夜遅く食べたりすることは、一食当たりの摂取エネルギー量が多くなる原因にもなるので、できるだけ規則正しい食事を心がけましょう。間食をとる場合は、時間と量を決めてください。

・食べ過ぎない
おかわりも控えめに。

・脂質を取り過ぎない
最近では子供、大人を問わず脂質をとりすぎる(揚げ物、お菓子など)傾向がみられます。ご両親の食生活がそのまま子供にも影響を及ぼすこともあるので、十分注意してください。今一度、家庭の食事やおやつの内容を見直して、栄養の過不足がないか確かめてみてください。

・家族で食事を楽しむ
最近よくある1人でテレビを見ながら食事をする「ながら食べ」。実はこれでは子供は十分に食事の満足感を得ることができません。親子でコミュニケーションをとりながら、家族で食事をする機会をなるべく増やしてあげましょう。


子供の肥満解消は家族の協力が不可欠です。子供の肥満解消の鍵はご両親が握っているといっても過言ではありません。子供の将来のために、ときには厳しくすることも必要かもしれません。ただ、厳しく食事制限するだけでは、子供もストレスがたまりますので、家族で楽しみながら、目標を立てて(運動を一緒に日課にする、会話しながら食事をする、啓蒙教育をするなど)子供と一緒になって肥満解消に取り組んであげてください。
posted by doki at 21:11| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

子供の肥満対策・予防の基本

現代の日本人の多くは脂肪の摂取量が増えた一方で、体を動かす機会が減るなどして、肥満しやすい環境で大人も子供の生活しているといえます。特に小児期は、よりよい生活習慣を身につけるまたは作るあげる時期です。この小児期の大事な期間に、食事や運動面などで、望ましい生活習慣を身につけ、大人になっても健康的な生活が送れるように、家族(特にご両親)がしっかり方向付けてあげましょう。小児期についた習慣は、大人になっても続くものです。しっかり、食事面、運動面で子供の生活習慣を健康的なものにしてあげましょう。

腹囲が目安を超えていたり、健康診断などで肥満の傾向があると指摘された場合は、家族で積極的に生活習慣を改善し、子供の肥満を解消することが大切です。特に食事などは家族も含めた改善が必要かもしれませんね。メタボリックシンドロームと診断された場合でも、まずは肥満を解消して、内臓脂肪を減らすことから始めましょう。

(参考データ)
1gあたりのエネルギー量の比較
・たんぱく質と炭水化物・・・約4kcal
・脂質・・・約9kcal
posted by doki at 20:36| 子供の肥満対策と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。